スポーツ・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で「ロナウジーニョ劇場」開幕


 待望の「ロナウジーニョ劇場」の幕が開いた。サッカーの6大陸連盟のクラブ王者が世界一を争うトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)第4日は14日、横浜・日産スタジアムで準決勝1試合を行い、今大会初戦(準決勝)を迎えた欧州代表バルセロナ(スペイン)はFWロナウジーニョ(26)=ブラジル=が1得点1アシストの全開プレーで6万2316人の大観衆を熱狂させるなど、豪華スター軍団が4-0で北中米カリブ海代表のクラブアメリカ(メキシコ)を粉砕した。クラブ世界王者に王手をかけたバルセロナは決勝戦(17日・横浜国際)で南米王者インテルナシオナル(ブラジル)と対戦する。
 待望の瞬間が訪れたのは後半20分。シュートのこぼれ球がFWロナウジーニョの足元に。落ち着き払ってGKの位置を確認するや、右足でゴール右上隅に突き刺した。「運良く自分のところに来ていい判断ができた」と自画自賛。降りしきる雨の中、スーパースターの今大会初得点に6万観衆が熱狂した。その瞬間、腰を左右に動かし、絶叫のサンバダンスだ。
 ロナウジーニョがボールを持つと、常に2人以上のマークがつくが、そのマークも反応できない速さで、前半11分のグジョンセンの先制点を演出した。「チームはいい状態でプレーできている」。ロナウジーニョ劇場の幕開けだ。一挙手一投足に、観衆はくぎ付け。FKでは、蹴る直前にスタジアムがフラッシュで輝いた。MFデコの4点目もアシスト。圧巻は後半ロスタイム、DF4人のマークを背負いながらGKの頭上を越える技ありループシュート。惜しくもバーにはじかれたが、お腹一杯のファンから拍手の嵐が起こった。
 過密日程の中で試合にきっちり間に合わせた。13日のフリータイムにはデコと横浜市内のショッピングモールでリフレッシュ。「100%の状態ではないし、困難だけど結果を出せてよかった」と自信を込めた。
 決勝は南米王者インテルナシオナル。その本拠地ポルトアレグレは、自身が98年から4年間所属したグレミオと同じホームタウンの宿敵。ロナウジーニョは「偉大なチーム。偉大だからこそ楽しみ」と意気込んだ。02年日韓W杯では横浜国際で優勝を決めた。あの栄冠の瞬間が頭をよぎる。「ここであの時起きたパーティーやすべてを思い出した。またそれができればいい」。4年前の思い出の地で、古巣のライバルから世界一を勝ち取る。

 

サッカーも団体競技だけど、個人のテクニックが目立つ球技も珍しいよね?
特に、このロナウジーニョの技、スピードは見ていても爽快になる!

決して、彼一人でプレーしているんじゃないから…と思っていても目を奪われるのが現実やんね。

しばらくは、彼の時代が続くのかもね?

そう言えば、ベッカム様は?あれだけ騒いでたのに…薄情な日本人共やな~w

スポンサーサイト

松坂ついに合意 6年契約で総額年俸5200万ドル


 松坂、ついに、合意―。 

 松坂大輔投手が、交渉中のレッドソックスと、6年契約年俸5200万ドル(約61億円)で合意したと、米国スポーツメディアの「スポーツイラストレイテッド」の電子版が13日に報じた。記事によると、物価変動による賃金増減(エスカレーター条項)も盛り込まれており、最高で6000万ドル(約70億円)に及ぶこともあるという。年俸総額5200万ドルは、01年にイチロー外野手がポスティングシステムでマリナーズと契約した時の年俸より3800万ドル多く、2年後に松井秀喜外野手がFAでヤンキースと契約した時の年俸より3100万ドル多いと伝えている。

 同紙によると、松坂は、13日にジョン・ヘンリーオーナーの所有する自家用ジェット機にレ軍首脳陣と同乗してカリフォルニア州からボストン入り。その直後にボストンで、身体検査を受け、血液検査の結果が戻り次第、正式合意に至ると報じられている。

 また、FOXスポーツの電子版は、「The Plane Deal」(機内で交渉成立)の見出しを掲げたほか、他の地元紙も相次いで速報を伝えた。


しかし、凄いですな~!お金がお金と思えんくなってくるね!!

まぁ いいけどw

やっと、kつ論が出たみたいでおめでとう、松阪選手。

貰った分はしっかり結果を出して、地元のファンにブーイングこかれん様に頑張りんよ!!

こちとら、宝くじで3億円狙っちゃるからな~~w

遅刻の雅山に武蔵川親方が鉄拳制裁


 関脇雅山(31=武蔵川)が、武蔵川親方(元横綱三重ノ海)から鉄拳制裁を受けた。この日、午後1時からの法人向け会員組織「大相撲応援倶楽部」のパーティーに出席の予定だったが、登場したのは終了間際の午後2時30分。日本相撲協会の理事で、面目をつぶされた同親方から「顔を近づけろ」と言われるや、左側頭部に「ゴツン」と強烈な一撃を受けた。「頭から今日のことが抜けていて…。本当に申し訳ない」。会場の空気が凍り付く中、大きな体を小さくして反省していた。

遅刻はいかんな!!

待たされる事はあっても待たせる事は無い…唯一の自慢じゃい!

Rソックスが松坂に“最後通告”


 西武・松坂大輔投手(26)との契約交渉が難航しているレッドソックスが“最後通告”に踏み切る。11日付のボストン・ヘラルド紙は契約成立に悲観的な記事を掲載。代理人のボラス氏が譲歩しない限り、松坂は来季メジャーでプレーしないだろうと伝えた。

 これまでの報道によると、ボラス氏は年平均1500万ドル(約17億5500万円)を要求。一方のレ軍は700万~900万ドル(約8億1900万~10億5300万円)を提示している。応札額の約5111万ドル(約59億8000万円)も球団の“投資”と考えるレ軍に対し、ボラス氏は松坂への評価はあくまで年俸に反映されるべきと主張。両者は全く歩み寄りの姿勢を見せていない。

 同紙によると、ある球団のGMは「レ軍の残されたチャンスは松坂がボラス氏を説得することしかないかもしれない」と証言。レ軍は年平均900万ドルを上限に“最後通告”を出す構えで、これにボラス氏が応じない場合は“松坂資金”を使って、アストロズからFAになった通算348勝右腕クレメンスの獲得に動くだろうと伝えた。

 “時間稼ぎ”はボラス氏の交渉戦術の1つとも取れるが、スポーツ専門局ESPNは「ボラス氏は日本でFAになる2年後に7年総額1億4000万ドル(約163億8000万円)の契約を勝ち取ることを望んでいるようだ」と交渉決裂の可能性についても指摘した。

 交渉期限は15日午前0時(日本時間同午後2時)。その前にボストンで身体検査を受けなければならない。松坂とボラス氏はロサンゼルスで最終的な戦略を練っているが、残された時間はあまりない。

何だかゴタゴタしとりますな~w
60億なんてバカ高い金額で交渉権を買ったまではよかったみたいだけど、
肝心の報酬の段階で折り合いがつかなくてご破産になりそうなこの話…。
どう思う?まぁ 人事だでど~でもいいですよ!って感じだがw
交渉権に60億もだしたんだから、報酬だってそれなりじゃないと…ってのが松阪サイドの言い分。
確かにその通り。
お金は大事なんだからね!!

中日がWBC韓国代表の「1番」李炳圭獲得


 中日は10日、韓国LGからFA宣言していた李炳圭(イ・ビョンギュ)外野手(32)を獲得したと発表した。井手取締役担当らが韓国・ソウルで入団交渉を行い、2年契約の年俸変動制で、1年目の年俸は1億5000万円プラス出来高で契約した。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に韓国代表の1番打者として出場した李は、今季の韓国リーグでは打率2割9分7厘、7本塁打、55打点をマーク。05年には3割3分7厘で首位打者を獲得するなど俊足巧打の外野手だ。落合監督は「一つ決まってよかった。2月のキャンプで会うのを楽しみにしている」と広報を通じてコメントした。

 中日の韓国人選手は、宣銅烈、李鍾範、サムソンに続いて4人目。西川球団社長は「足も速いし実績もある。アレックスの穴埋めをできる選手」と、今季限りで退団した助っ人の代役として期待を寄せた。

 ◆李 炳圭(イ・ビョンギュ)1974年10月25日、韓国・ソウル生まれ。32歳。97年にLGに入団し、同年新人王。2005年に首位打者に輝くなど、韓国リーグでは通算1164試合に出場。打率3割1分2厘、123本塁打、684打点をマーク。今季の年俸は5億ウォン(約6300万円)。185センチ、82キロ。左投左打。

中日さんは、韓国の選手獲得が上手いのかも?w
WBCにも出場した選手の獲得で、ますます強化を図った事になるんかな?
あっ でも、アレックス選手が抜けたんだから…どうなんでしょ?

Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。