ミステリー・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母は東洋系だった!? ダ・ヴィンチに新たなミステリー


【ライブドア・ニュース 12月01日】- AP通信によると、レオナルド・ダ・ヴィンチの指紋を復元したとするイタリアの人類学者が、ダ・ヴィンチの出生の謎に迫る説を唱え、話題になっている。

  同国キエティ大学人類学研究所のルイージ・カパッソ所長によると、3年がかりの研究で、現存する52点の手稿から約200点の指紋を抽出、これを検証して左人差し指指紋を復元したという。この研究結果は昨年発表され、著作の真贋の検証への応用などが提案されたが、今回キエティで3月まで展示が行われるのに合わせ、同所長が「指紋からダ・ヴィンチの人種的ルーツがアジアにあった可能性が高い」とぶちあげ、話題になっている。

  カパッソ所長は、「あらゆる人種には、ある程度の比率を占める典型的な指紋がある。彼の指紋には、アラブ系人種の60%が持つ特徴が発見された。これにより、彼の母方が中東出身だった可能性がある」としている。

  実はこれまでにも、ダ・ヴィンチの母がコンスタンチノープル(現在のトルコ・イスタンブール)からトスカーナに連れてこられた奴隷だったという説は唱えられている。ダ・ヴィンチの生地にある記念館のアレッサンド・ベゾッシ館長も、「母親が土着の人間ではなく、東方、少なくとも地中海地域の出身だったという資料がある」としている。ただ、「母の名前はトスカーナで奴隷の通称として一般的だったカテリーナと記録されているが、彼女が売られてきたことなどを示す他の記録はない」と、最終的な結論には尚早との見方も示している。

  ダ・ヴィンチは、絵を描く際に指で絵の具を塗ったり、食べ物を食べながら汚れた手で文章を書いたりしたため、指紋の検証が可能となった。後年資料を手にした人間のものではとの一部指摘もあるが、カパッソ氏は「インクのしみを消そうとしたあとに残っている指紋は、本人のものに違いない」としている。

ダ・ヴィンチコード、僕も見てきました。一つの解釈として「なるほどね~」って感じでみてました。
今度は、ダ・ヴィンチ本人の出生の秘密ですか?
このネタでしばらくはもちますね!

スポンサーサイト
Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。