経済・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生のお年玉、平均が初めて2万5千円台に


2007年正月に小学生がもらったお年玉合計は平均25,293円で、03年の調査開始以後初めて2万5千円台となったと、小学館が2007年1月15日に発表した。景気回復の影響を受けて昨年より766円増えた。金額で最も多いのが「1万5千円超~2万円」の17.7%で、「1万円以下」は14.3%で、どちらも昨年と同じような割合となっている。一方、「3万円超~3万5千円」が3.1ポイント増、「15万円以上」は0.7ポイント増、さらに最高は過去最高の17万円と、お年玉の金額の差が大きくなっていた。使い道は4年連続で「ゲームソフトを買う」が1位で、67.4%が使い道を自分で決めていた。今年の調査は1月5日~1月9日に実施され、583名がアンケートに答えた。

 

ふと、自分が小学生の時の金額を思い出してみる……

思いだせん!!!汗

同じぐらいだったのか、もっと少なかったのか…。

お年玉の行方は、親の「貯金しとくからね~」の一言で手元には無し。

あのお金は一体何処に行ってしまったんでしょうね~~、お母様?

(引用:http://news.livedoor.com/article/detail/2980881/

スポンサーサイト

日産、顧客538万人分の個人情報流出の可能性


日産自動車は2006年12月21日、最大で約538万人の顧客情報が流出した可能性があると発表した。『週刊朝日』11月10日増大号で「日産ユーザー200万件、全個人データ流出」と報じられたことから、同社が社内調査を行なった。その結果、旧データベースに登録されていた顧客5,379,909人の「氏名」「住所」「所有車種」などの情報が流出した可能性があるとしている。該当する顧客全員にはダイレクトメールを送付して、悪用に対する注意喚起をするという。


中々、収まらない「個人情報流出」騒動…。怖いよね~…。

僕も、プロバイダーさんの会社の個人情報流出に巻き込まれた被害者っぽいが、
気分的にも嫌なもんやんな~。

管理はしっかりしてもらわんと!!大事なお客様でしょうが?


(引用:http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2894877/detail?rd

今年の年末年始は4大銀行のATMが利用可能です


さすがにあれだけの利益を出せば余裕が出るのか、あるいはこれぐらいしないと利用者への還元にならないと判断したのか、それとも年末年始に動かすことで余計に利益が出ると判断したのか、その詳細は不明ですが、今年の年末年始は4大銀行のATMが利用可能になってます。これにはコンビニATMでの扱いも含まれます。

どうやら今回は年末前にあわててお金を引き出しに走らなくても済みそうです。

詳細は以下の通り。
利用可能なのは三井住友、三菱東京UFJ、みずほ、りそな。今年の正月は三井住友はきっちり動かしていたのですが、ほかの銀行も動かしてくれるみたいです。とはいっても、銀行によって時間帯や手数料の扱いなどがかなり違うので注意が必要です。以下の各銀行の説明ページをきっちり読んで、ご利用は計画的に。

三井住友銀行 > 年末年始営業のご案内
12月31日〜1月3日は日曜日扱いのサービス内容・利用手数料、他行カードは1月1日〜1月3日まで原則利用不可、ジャパンネット銀行とソニー銀行のカードは利用可能。

サービスに関するお知らせ:三菱東京UFJ銀行
サービス時間帯・サービス内容・利用手数料は原則として日曜日と同じ、他行カードは1月1日〜1月3日まで原則利用不可。

みずほ銀行:年末年始の営業のご案内
12月31日は日曜日営業、1月1日〜1月3日までは祝日営業。他行カードは1月1日〜1月3日まで原則利用不可。

年末年始営業時間のお知らせ(りそな銀行)
12月31日は「日曜日営業」の利用時間・利用手数料。1月1日〜3日はATMの稼動時間は最長8:00〜21:00、利用手数料は日曜日営業と同じ。

 

何かが突然起こってもあわてないように…皆さん、余裕をもってあらかじめ用意しときんよ!

ディーゼルでも世界制覇 トヨタの壮大なる「野望」


  次世代V型ディーゼルエンジンの有無が、自動車メーカーの勝敗の鍵を握る状況となってきた。最大市場の北米で売れる車はSUVやピックアップトラック。これらの車にピッタリ合うディーゼルエンジンはV型8気筒やV型6気筒のエンジンだ。ところがトヨタ自動車の現有ディーゼルエンジンは直列型のみ。しかも米国で2009年にはじまる新環境規制のクリアという大きな課題がある。そこでトヨタはV型を持ついすゞ自動車と提携し、米国で売れるディーゼルエンジンの技術を手に入れ、さらにディーゼルハイブリッド車を市場投入して、この分野でも「独走」を狙っている。

   これまでディーゼルエンジン車の主要市場は欧州だけだった。しかし、北米やアジアなどでも、燃料高の影響を受けてディーゼル需要が高まりつつある。米国のディーゼル車比率は、現在の3%が2010年には20%にまで拡大するという予測も出てきた。今のディーゼルエンジンは、燃費が良くてクリーンというだけでなく、パワーも併せ持つというイメージが広まってきたためだ。

ディーゼルエンジンといえばドイツ勢だった

   ディーゼルエンジン車のイメージを高めてきたのは、ダイムラークライスラーアウディBMWVWなどのドイツ勢だ。とくにアウディは、5.5リットルのV型12気筒ツインターボディーゼルエンジン搭載車で06年のル・マン24時間耐久レースに勝利。ダイムラークライスラーは昨年、メルセデスベンツ用の3リットルV型6気筒ディーゼルエンジンを開発し、従来の直列5気筒または6気筒より最大4割近くパワーアップさせた。

   V型エンジンの最大の特徴は、直列エンジンよりも構造が複雑でコスト高となるが、コンパクトで静粛性に優れ、振動も少ない点にある。そのV型ディーゼルエンジンを持つのがいすゞであり、現在、GMのSUVなどに6.6リットルのV型8気筒を、ルノーとオペルのセダンに3リットルのV型6気筒のディーゼルエンジンを供給している。この6気筒はオールアルミエンジンであり、トヨタにとって大きな魅力となっている。

米国の排出ガス新規制は日本の3分の1という厳しさだ

   だが、09年を境に日本・欧州・米国の主要市場で排出ガス規制がかなり厳しくなる。この排ガス規制をクリアーできない企業は、市場から転落してゆく。とくに内容が厳しい米国の新たな環境規制「Tier II Bin5」への対応が大きな関門だ。現在、ディーゼル車の排出ガス規制が世界で最も厳しいのは日本だが、米国の新規制は排出ガス中のNOx濃度を日本の3分の1にまで引き下げる。
   その規制にドイツ勢は、ダイムラークライスラーが持つ「尿素水」を使った手法で対応しようと結束した。だが難点もある。燃料を給油するように尿素水を給水しなければならず、尿素水を供給するインフラ整備が問題だ。
   ところがホンダが、尿素水が不要となる次世代ディーゼルエンジン技術を開発した。ホンダは新規制をクリアした直列4気筒の2.2リットルディーゼルエンジン搭載車を09年に米国で発売するだけでなく、この次世代技術を用いた3リットルV型6気筒エンジンの開発も進めている。

   米国市場でのエコカーの称号は、ハイブリッドとディーゼルが争うことになりそうだ。トヨタとしては、環境技術でドイツ勢はもちろん、ホンダに負けるわけにはいかない。そこで新規制に対応したV型ディーゼルエンジンの開発が必要不可欠となった。

   V型エンジンは、米国市場では高級車に搭載されるというイメージが浸透している。トヨタはいすゞとの提携でV型の技術開発のハードルを下げ、その完成したV型ディーゼルエンジンを米国市場で発売するSUVに搭載する。さらにV型ディーゼルエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッド車をレクサスブランドから発売し、エコカーNo.1の座を守る狙いだ。

ちょっと前まではディーゼルエンジン車はどうのって規制があって大騒ぎしていたと思ったのに…。
世界のトヨタがいよいよ参入って事になるみたい。
これからは、世界的にも「ハイブリッド」と「ディーゼル」の2系統が主流になっていくんやね~。
人に優しく、環境優しい…そんな車がじきにお目見えだね!

SCEから任天堂に鞍替え 「ドラクエ」以外も続々?


   TVゲーム最大のヒットシリーズ9作目「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「PS3」陣営を離脱、任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」専用として07年に発売されることになった。「これを機に、ゲームメーカーは雪崩をうって任天堂陣営に移る」と指摘する専門家もいて、業界地殻変動の起爆剤になりそうだ。

   ドラクエは、任天堂の「ファミコン」で産声を上げ「6」作まで任天堂陣営だったが、SCEに請われ、「7」からSCEに移った。そんなドラクエが今回、SCE陣営から離脱することになったのには様々な要因があるが、実は、ドラクエに限らず「PS2」にソフトを供給してきたメーカーはSCE陣営からの離脱をかなり前から模索していた。

シンプルで親しみやすいゲームが売れている

   「(PS2へのソフト供給を)やめられるものならやめたい。でもやめられない」。大手ゲームメーカーの幹部は2年前、こんな悩みを打ち明けた。「PS2」へ供給するゲームの開発費が膨大になり、しかもゲームが売れない時代に入っていたからだ。

   「PS」時代の開発費を1とすれば「PS2」は5倍から10倍。さらに「PS3」になると「PS2」の2倍から3倍以上とされる。ユーザーは「PS3」を買う以上、ゲームの進化を期待するわけだから、「いったい誰が作るんだ!?」という悲鳴がソフトメーカーから出ていた。

   そうした中で出てきたのが「DS」である。既に国内で1,200万台を売り上げ、06年内には1500万台になろうとしている。ミリオンヒットになるソフトも続出しているが、それも映像に凝ったものではなく、シンプルで親しみやすいものが売れている。開発費は相当抑えられ、その分、今まで無かった新しいゲーム作りにチャレンジできるのだ。実は、「PS3」用のソフト開発を表明しながら、方針変更し、直前に告知を「消した」メーカーがかなりあると言われる。

   エニックスと合併した「スクウェア」も、「ファイナルファンタジー」などのメガヒットシリーズを持つ業界トップのソフトメーカーだったが、「PS2」で映像のリアルさを追及するあまり、開発費がかさみ経営が行き詰った。それで、スクウェア・エニックスになったわけだが、和田洋一社長は2006年12月12日の記者会見で、「(DS移行で)ドラクエ9は前作(PS2用)よりも開発費を抑えられそうだ」と語った。新作が出るたびに開発費が膨らむ事にストップをかけ、利益向上を目指す考えなのだ。

ファミコンが登場した時は、興奮と感動物だったな~。
単色のキャラでも愛着を持ってプレイしたもんだが…。
今は、3Dキャラが当たり前でリアル感を追求した綺麗な物でないと売れないのかな?
開発に金が掛かっていても、良いゲームとは言い切れないしね。
今は、ゲーム自体の食傷期なのかも…。

続きを読む
Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。