グーグル、特許検索サイト「Google Patent Search」を公開・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル、特許検索サイト「Google Patent Search」を公開


 Googleが誇る検索ソフトウェアの強力なラインアップに、また1つ新たなサービスが加わった。「Google Patent Search」である。

 米国時間12月13日夜にベータ版としてサービスが開始された特許検索用の同サイトでは、およそ700万件におよぶ米国の特許を、出願日や発行日、特許番号や考案者などのさまざまな条件で調べることができる。

 カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置くGoogleは、シンプルかつスタンダードなウェブ検索エンジンによって成功を収めた。しかし現在では、地形データ、書籍、道路地図といった対象を限定した検索ソフトウェアが、インターネット界におけるGoogleの覇権を支える重要な要素となっている。

 Googleのブログにあった記述によれば、新たなGoogle Patent Searchに関しては、同社のソフトウェアエンジニアが今も開発作業を続けており、いずれは利用者が探し出した特許情報を簡単に保存し、印刷できるようになるという。また、現時点では海外の特許や2006年半ば以降に発行された特許は検索できないが、現在はこれらをサイトに追加する作業を進めているところだとGoogleは述べた。

 米国内の特許を承認しているのは米特許商標庁であり、同庁も自身の特許検索エンジンを公式サイト上で運用している。Googleは、1790年代にまで遡ることのできる特許検索を開発するにあたり、政府のサイトのデータをより検索しやすい形式に変換したと述べている。

 

グーグルって凄い勢いがあるよね!次から次へと進化していく感じだもんね?

以前、TVのある番組でグーグルを紹介していたけどが、

成るほど…「あれなら色々な物が次から次へと沸いてくるよな?」って感じの社風でした。

創造と感性のグーグル…これからどんな物で僕らを驚かしてくれるのか凄く期待大!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。