世界初のクローン猫、子猫を出産=米テキサス州・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界初のクローン猫、子猫を出産=米テキサス州


世界初のクローン猫、子猫を出産=米テキサス州
世界初のクローン猫の3匹子猫【AP】

【ライブドア・ニュース 12月15日】- AP通信によると、2001年にテキサス農工大学の研究者によって生み出された世界初のクローン猫“コピーキャット”が、子猫を出産していたことが明らかになった。クローニングに携わり、現在はコピーキャットの世話をしているドゥエイン・クラマー教授によると、9月に自然妊娠・分娩で3匹の子猫を出産し、母子ともに健康だという。“お相手”はコピーキャットの遊び相手としてつがいにされていたスモーキーというトラ猫で、子猫のうち2匹は母親似、1匹は父親似とのことだ。

  同教授は、「子猫たちはかわいいし、出産自体は公にされるべきだと思うが、だからといってCC(コピーキャットの愛称)の時のような騒ぎにはならないでほしい」と語っている。クローン猫の出産自体ははじめてではなく、ルイジアナ州ニューオリンズの研究施設で2005年7月、どちらもクローンで作られたリビアヤマネコのつがいが、8匹の子どもをもうけている。

 

命への冒涜か…はたまた、神への反逆か…ってなりそうな感じもしないでもないが…。

「倫理感」ってのは難しいもんだでね~…。

しかし、クローンの技術自体は大変有効になる事だと思うが、いかがかいな?

「オリジナル」と「クローン(コピー)」……近未来映画の世界がすぐそこまで来とるの~。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。