佐藤ゆかり衆院議員 週刊誌報道にブチ切れた!・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤ゆかり衆院議員 週刊誌報道にブチ切れた!


 佐藤ゆかり衆院議員がまたまた、週刊誌ネタになった。今度はつい最近、事務所を辞めた公設秘書を巡るゴタゴタだ。今日発売の週刊文春と週刊新潮が揃って、この秘書の問題を取り上げ、それぞれ別のネタで“騒動”を報じている。

 金銭トラブルを取り上げたのは文春。くだんの秘書は介護関係の会社をやっていて、マンションオーナーとの間に600万円もの保証金未払いトラブルが起こっているという。さらに、このマンション建設を巡り、この秘書は750万円のコンサルタント料をもらっていたのだが、個人がコンサルタント料をもらうのは不可解と書いている。

 新潮は、この秘書が焼き鳥屋で佐藤ゆかりの手を包みこむように握っていたこと、深夜2時に佐藤が秘書の自宅マンションに入ったこと――などを報じている。「何やってんの?」という話なのだが、佐藤ゆかりセンセイは怒り心頭で本紙にこうブチまけた。

「文春に書かれた秘書の個人的トラブルは初耳でした。また、(750万円が)あたかも佐藤ゆかりの公設秘書の仕事がらみで渡ったかのような見出しをつけられていますが、(金銭受け渡しは)事務所に来る前の話のようですし、(こういうタイトルは)迷惑しています。新潮に書かれたことはデタラメで法的措置を考えています。手も触れていないし、マンションに行ったのは、会社を辞めて事務所に入っていただくかどうかをご家族とも話し合って決めるためです。私は奥様に送られて帰ってきたんです。私の事務所に対する嫌がらせでしゃべった人の言い分をそのまま書いたのでしょう」

 男女関係なんてとんでもないというわけだが、佐藤センセイにはこの手の話題がやたら多い。というか、こういう話ばかりだ。

「迷惑しています。もっと政策面を取り上げて欲しい」

 いじられキャラはもうコリゴリという感じだった。

 

この人って何やってんの?って思っとるのは僕だけかいな?

野田聖子議員との対決だかなんだかで騒がれてたみたいだが、

市民の為になるような事を何か一つでもしたんかな?

挙句にこんなスキャンダルネタばかりが出てきてるし…おバカじゃん!!

決して、野田聖子議員の回し者ではないので念のため…ww

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。