家庭でネットのルール作りを・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭でネットのルール作りを


都がネット・ゲームに関する家庭のルール作りを支援
【ライブドア・ニュース 12月22日】- インターネットが普及し、子どもたちが犯罪やトラブルに巻き込まれるケースが少なくない。東京都はこのほど、小学生の子どもを持つ保護者を対象に、インターネット・ゲームに関する家庭のルール作りを支援する冊子「ファミリeルール」を作成した。都は今後、地域ごとにワークショップを行い、冊子に基づいて家庭でのルール作りを推進する予定だ。

 冊子には、「チェーンメールが届いた」「インターネットで人と知り合う」など6事例が掲載されている。グループワークで事例について話し合いながら子どもたちが陥りやすいトラブルなどを学んだり、子どもから受ける質問を想定してあらかじめ答えを考える構成で、より具体的にルールを作れるよう工夫されている。

 また各事例の最後には、子どもが宣言するという形式で、実際にルールを作る項目が用意された。掲示板への書き込みの場合、「私は、インターネット上の掲示板では、相手の立場を考えて書き込みをします」「約束を守れなかったら、1週間トイレ掃除をします」とルール作りを二重構造にして、効果のアップを狙っている。

 青少年・治安対策本部・心の東京革命推進担当の黒田浩利課長によると、ネットの危うさを認識している保護者は少なく、ネットのページを閲覧できるものとできないものに分別する「フィルタリング」ソフトを導入する家庭も少ないという。黒田課長は「子どもにインターネットを使わせることはどういうことなのか、まずは親自身に気づいてもらうことが大事。フィルタリングソフトも、ネットが危ないからという認識で使うようになってほしい」と呼びかけている。

 都は冊子を活用した家庭のルール作りを広めていくため、グループワークの進行役として「ファシリテーター」を養成し、都内各地でワークショップを展開する予定だ。冊子「ファミリeルール」は、ウェブサイト「心の東京革命」からダウンロードすることができる。
要は使い方次第って事だと思うが…。何とかと鋏は使いようだってば!!
子供なんてのは、大人が予想もしない事をするもんだってば!
だから、大人が環境を整えてやらなきゃしょうがないでしょうに…。
(…まぁ その大人自体にも問題がおおありなんだがね…)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。