路上に描かれた立体的なトリックアート・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路上に描かれた立体的なトリックアート


オイルチョークを使い、路上に立体的なトリックアートを描くJulian Beeverという人の作品を集めてみました。なんだか妙な落書きがしてあるように見えて、ある一点から見るとちゃんと立体的な絵になっているというなかなか見事なもの。路上で宝探しをしたり、勝手に水をまいたり、巨大なコーラの瓶をころがしてみたりとやりたい放題です。

詳細は以下の通り。


この細長いのはなんだ…


ちゃんとした位置から見ると地球でした。


路上に水まき。普通の写真にしか見えません。


町中で飛び込み。階段から水が流れてくるあたり細かい。


ボート遊び。本当に道がへこんでいるみたい。


水道管をむき出しに。勝手に噴水まで作ってしまっています。


巨大コーラの瓶。そんな栓抜きでは開けられません。


お宝を掘り当てるまで。何のお宝だったんでしょうか。






作品をムービーでまとめたもの。
YouTube - Julian Beever ( The Amazing Art of Julian Beever )

これらを描いたJulian Beeverという人はその道では有名な人だそうです。公式サイトでいろんな作品が見られます。

Julian Beever
「Pavement drawings」のところにほかのトリックアート写真があります。


凄い!!!まさにその一言に尽きるね。
センスというか感覚ってどうなってるんだろうね?不思議だわ~。そう思いません?
ただただ、それにだけですが…。

(引用:http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2893868/detail?rd

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。