[短大生切断]「木刀で殴った」次兄供述 強い殺意示す痕跡・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[短大生切断]「木刀で殴った」次兄供述 強い殺意示す痕跡


 東京都渋谷区幡ケ谷2の歯科医、武藤衛さん(62)方で長女の短大生、亜澄(あずみ)さん(20)の切断遺体が見つかった事件で、死体損壊容疑で逮捕された次兄の予備校生、勇貴容疑者(21)が「(亜澄さんを)木刀で殴った」と供述していることが分かった。頭部には5カ所ほどの殴られた跡があり、警視庁捜査1課は強い殺意を示す痕跡とみて調べている。

 

 調べによると、亜澄さんの側頭部や後頭部には5~6カ所の殴られた跡があり、一部は陥没するほどだった。背後から殴りかかったらしい。

 

 木刀は勇貴容疑者の部屋から見つかったが、血痕などは残っていなかったという。遺体の切断に使った文化包丁やのこぎりについては「洗った」と供述しており、同課は木刀の血痕も洗うなどした可能性があるとみている。

 

 これまでの調べでは、勇貴容疑者は12月30日午後3時ごろ、自宅で亜澄さんを殺害後、のこぎりなどで遺体を十数個に切断してポリ袋に入れ、自室に隠した疑い。当時、母親らが出掛けて2人だけが自宅におり、2階の居間で亜澄さんに「夢がない」となじられたことに腹を立てたという。

 

 亜澄さんや勇貴容疑者の部屋がある3階の廊下には血痕が残っていた。捜査1課は、勇貴容疑者が2階からいったん自室に戻り、3階で亜澄さんを木刀で殴った後、ぐったりした亜澄さんを2階の浴室に連れて行き、水を張った浴槽に沈めて水死させたとみている。首を絞めた形跡もあり、殺害の経緯をさらに調べている。

 

 勇貴容疑者は3浪で、亜澄さんの言葉について「いくら勉強をしても無駄だと言われたように思った」と説明している。

 

 ▽福島章・上智大名誉教授(犯罪心理学)の話 本人は家の中で落ちこぼれの存在で相当劣等感や閉塞(へいそく)感が強く、長い浪人生活の中で人格変化が起きたのではないか。遺体をバラバラにするのは家族内殺人ではあまり例がないが、怒りや憎しみが非常に激しかったのだろう。妹の「夢がない」という言葉が図星だったからこそ強く感情を刺激され、衝動的な犯行にまでエスカレートしたと思う。家族内で自分より妹のほうが上の立場にあると思っていたため、自分が上位となるには殺しただけでは気が済まず、バラバラ殺人にまで及んだのではないかとも考えられる。

 

年明けそうそうに嫌な事件が起きたもんだね~。
今年もこんな調子で過ぎていくんやろね?
ちょっとした兄弟間のゴタゴタってよくある話だと思うが…
(ちなみに、僕には兄弟がいないのであんまり解らんが…)
それで殺害事件が起きるなら、世の中の兄弟は皆殺し合いになってると思うぞ!汗
個人の性格ってのが一番の要因になるが、なんとかならんのかね?

(引用:http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2957807/detail?rd

スポンサーサイト
Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。