07年福袋バトルは団塊世代狙い・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年福袋バトルは団塊世代狙い


 鬼に笑われるかもしれないが、来年の福袋の中身が早くも公開され、話題になっている。

 なんといっても凄いのは、日本橋三越の目玉「七福を招く、七大峰をめぐる世界二周の旅」だ。

「団塊世代の卒業旅行」と銘打ち、富士山と世界の6大陸の最高峰を春と秋に16日間ずつ観光するもので、ペアで2007万円。移動の飛行機はファーストクラスかビジネスクラス、ホテルはスイートルームに宿泊。遊覧飛行やリフトによる観光となっている。最高額商品は、トータルで70カラットの豪華ダイヤモンドネックレスが1億円(1点限り)。

 高島屋は、今年還暦を迎えたミュージシャン、宇崎竜童の指導を受けながら、バンドのCD制作ができる100万円の福袋(1組限定)を用意した。

 懐かしいところでは、東武百貨店池袋店の「VANジャケット」の限定品15着。団塊世代が青春時代を過ごした60年代に絶大な人気を誇った紺色のブレザーだ。こちらは5万円。

「この数年、福袋はイベント性、話題性のあるものに引き合いがある。07年の特徴は、定年退職がスタートする団塊世代をターゲットにした商品が多いことでしょう。06年の福袋商戦は、各百貨店とも前年を大きく上回る売り上げを記録した。それだけに、どこも気合が入ってますよ」(流通ジャーナリスト)

 ボーナスからクリスマス、年末商戦、そして福袋と、百貨店業界はこれから壮絶なバトルに突入する。

福袋…僕は興味がないので毎年買いませんが、高額の福袋でも結構売れているんですね!
ましてや、団塊世代の方々をターゲットにするとなると…抜け目がないですなw

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。