キムタク効果!興収50億円見えた!…映画「武士の一分」平日公開も16万人来た・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムタク効果!興収50億円見えた!…映画「武士の一分」平日公開も16万人来た


 SMAPの木村拓哉(34)が主演した映画「武士の一分(いちぶん)」が1日、初日を迎え、東京・丸の内ピカデリー2で木村、山田洋次監督(75)、檀れい(35)ら7人が舞台あいさつに立った。木村は「初日まで長い時間が流れ、ここに立てる幸せを感じています」と感無量の表情。「映画の日」に合わせた平日公開にもかかわらず、16万人動員の好スタートを切り、配給の松竹は山田時代劇三部作最高となる興収50億円、400万人動員を目標に掲げた。

 はやる気持ちを抑えられない。木村が小走りでステージに登壇した。昨年12月の撮影から1年が過ぎ、迎えた初日。「クランクアップから初日まで長い時間が流れ、今ここに立てる幸せを感じています」と感慨深げにあいさつした。

 舞台あいさつが行われた午後6時の回は、時代劇にもかかわらず若い女性客でぎっしり。チケットは800席分が即完売。「映画の日」に合わせた平日公開だったが、土曜日公開並みの全国16万人動員のロケットスタートを決めた。

 10月に原作者・藤沢周平さんの故郷、山形・鶴岡市で人生初の地方キャンペーンを行った木村。ほかに大阪も参加したが、監督を始め7人が集結したのはこの日が初めて。「ここにいる出演者、監督やスタッフに引っ張ってもらい、1カット1カット心を込めました。思う存分、楽しんでください」と呼び掛けると、大きな拍手がわき上がった。

 坂東三津五郎(50)から「木村さん、檀さんには(自分が)イヤな役でしたので現場ではあまりニコニコしてもらえなかった。今日、笑ってあいさつできたのが一番うれしかった」と言われ、木村も笑顔。退場時には、山田監督ら並み居る先輩を先にうながす木村らしい心遣いも見せた。

 山田監督の時代劇「たそがれ清兵衛」(02年)の231スクリーン、「隠し剣 鬼の爪」(04年)の287スクリーンを上回る全国354スクリーンでの公開。前2作の興行収入はそれぞれ16億円、9・8億円だった。初日の好スタートを受け、松竹は「興収50億円、400万人動員を見込んでいる」と自信のコメント。今年の実写邦画で興収50億円以上は「海猿」(71億円)と「THE有頂天ホテル」(60億円)、「日本沈没」(52億円)の3作品のみ。山田時代劇三部作での最大ヒットは確実で今年のトップ5入りもありそう。また、アジアを中心に16か国の配給も決まった。

基本的に邦画は見ないので何とも言えませんがw
アクターだけ見る限りでは、そうそうたる面々ですよね~。
山田洋次監督の時代劇3部作とは露知らずww
若い客層を引っ張るのにはスマップキャラは必要かも?

スポンサーサイト
Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。