[携帯3社]広告・宣伝基準を業界ルールとして作成で合意・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[携帯3社]広告・宣伝基準を業界ルールとして作成で合意


 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの携帯電話3社は、料金やサービスで消費者の誤解を招かない広告・宣伝の基準を業界ルールとして作成することで合意した。業界団体の電気通信事業者協会に検討委員会を設け、来春をめどにまとめる。

 

 携帯電話の広告をめぐっては、番号継続制度が始まった10月下旬に、ソフトバンクが「通話料、メール代0円」と広告したため、KDDIが「景品表示法違反(有利誤認)の疑いがある」と公正取引委員会に申告した。ソフトバンクは、通話料が無料になる条件の文字表記を大きくするなど広告を改めた上で、「他社の広告と差異はない」と主張。公取委はドコモとKDDIを含めて広告実態を調べていた。

 

 携帯電話の通話料やサービスは、基本料に無料通話分を含めたり、契約年数に応じた割引など多様なプランがあるため、「複雑で分かりにくい」と指摘がある。携帯3社は、不当表示を禁止する景品表示法に基づき、公取委が業界ごとに認定する「公正競争規約」として自主ルールをつくる方向で検討している

ソフトバンクの勇み足のおかげでこういう結果になったのでしょうか?
でも、どのキャリアでも余り差が出ないようにしてもらいたいものですね!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。