なぜか紅白に出場しないKAT―TUN・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか紅白に出場しないKAT―TUN


●戦略?

 どうして彼らがいないのか――。今週29日、NHK「紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。その中にKAT―TUNの名前がなかったのだ。

 KAT―TUNはジャニーズ事務所に所属する人気グループ。今年3月にデビューして、いきなりシングル、アルバム、DVDの3部門すべてのチャートで初登場1位を記録。デビュー曲「Real Face」は売り上げ100万枚を突破し、今年発売のシングルで唯一ミリオンを達成した。

 さらに、セカンドシングル「SIGNAL」も56万枚以上を売り上げ、今月7日発売の新曲「僕らの街で」もヒットが確実視されている。いま、日本で最も売れているアイドルグループである。

 今年10月にはメンバーの赤西仁(22)が突然、活動休止を発表し、大きな話題になった。そんなKAT―TUNが紅白に選ばれないのは不自然としか言いようがない。

「KAT―TUNが紅白に出場すれば注目度が高まるのは確実だし、視聴率の低迷に悩むNHKだって出したかった。でも、ジャニーズは所属タレントを出し惜しみしますからね。毎年、紅白には2組程度しか出場させないのが恒例で、今年もSMAPとTOKIOを出すから十分というわけです。今回の紅白にKAT―TUNのライバルといわれている人気デュオ・WaTが2年連続で出場することも影響しています。ジャニーズは自分たちのライバルが出演する番組に対しては、所属タレントを共演させないケースが多いですから」(マスコミ関係者)

 NHKはジャニーズの言うがままということか……。

ジャニーズ事務所の芸能界での権限がかなりのものであるのは周知の事実だが、
天下のNHKさんまでもが言いなりとは…。
そこまで紅白に興味の無い僕としては、勝手にどうぞ!って感じかなw

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。