早大佑ちゃん生中継、異例の民放争奪戦・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早大佑ちゃん生中継、異例の民放争奪戦


yuuchan

 早大生の佑ちゃんを生中継! 早実・斎藤佑樹投手(3年)の早大進学で注目される東京6大学野球連盟は5日、数局の打診の中から、日本テレビと来年以降5年以上のリーグ戦放送契約を結んだことを発表した。民放キー局が地上波で6大学野球中継に乗り出すのは26年ぶりで、全国への生中継も可能になった。6大学野球と同局の複数年契約は、立大・長嶋(現巨人終身名誉監督)らが活躍した昭和30年代以来。入学前からミスター待遇だ。
 佑ちゃんの6大学初登板が地上波で生中継される勢いだ。この日、都内で行われた東京6大学野球連盟の常任理事会で、民放のリーグ戦放送権を日本テレビに与えることを決めた。斎藤の早大進学決定後、複数の民放から打診を受けていたが、今年の秋季リーグ戦をインターネット中継した実績のある同局が選ばれた。

今年の高校野球は、実に楽しめたね~。
斎藤投手と駒大苫小牧の田中投手の投げあい…感動でした。

契約内容は複数年で最低でも5年が約束された。同局は地上波、BS(BS日テレ)CS(G+=ジータス)の3波で放送することができる。同局のスポーツ担当者によると、対戦カードや日程が決まる来年3月上旬までは中継予定は決まらない。
 ただし、狙いは決まっている。「もちろん斎藤投手の登板が中継できればうれしい」と、登板の可能性があれば、早大戦は視聴者が多い地上波で放送できる。「ハンカチ王子ブーム」の熱が冷めない、来年の春季リーグ戦でデビューなら、生中継の可能性も十分だ。リーグ戦の民放キー局による地上波放送が実現すれば、東大が優勝争いした81年春にTBSが急きょ中継して以来となる。
 斎藤の在学中を完全にカバーする5年契約も破格だ。同局スポーツ推進部によると、同リーグ戦放送権の複数年契約は、昭和30年代以来。立大長嶋が当時の新記録だった8本塁打を放った大学野球の黄金期と同じ態勢で、斎藤を迎える。
 同局は巨人の主催試合以外にも高校駅伝、高校サッカー、箱根駅伝などスポーツ中継に力を注ぎ、看板番組に育ててきた。数年前から多チャンネル時代をにらみ、スポーツ中継ソフトを重要コンテンツとして、大学野球の中継も視野に入れていた。今年の秋季リーグからほぼ全試合をインターネット中継(第2日本テレビ)しており、CSでも4試合放送している。同スポーツ担当者は「かなり以前からスポーツ中継に力を入れてきて、幸運にも斎藤投手のことが重なった。注目度が増したことは素直にうれしい」と喜んだ。
 リーグ戦は週末のデーゲーム。普段は各局とも視聴率5%前後の時間帯だが、宮里藍が優勝した9月10日の日本女子プロゴルフ選手権で11・3%を記録、ディープインパクトがG1に出走すると10%を超える。斎藤登板の早大戦も、視聴率2ケタ以上が十分予想できる。同連盟の内藤雅之事務局長(45)は「各校の選手たちの励みにもなるし、レベルアップにもつながる」と歓迎。日本学生野球憲章の規定から、プロ野球OBによる中継解説は無理だが、番組ゲストとして、江川卓、掛布雅之らが出演する可能性もある。ラジオも数局が放送権獲得を目指している。6大学野球は間違いなく佑ちゃんで変わる。

過去にも様々な球児達が活躍して話題にされてきたりしていたのだが、
今年の斎藤投手への執着にはちょっと辟易します。
言ってしまえば、一高校生な訳で…それをマスコミが寄ってたかって群がって取り上げて…。

何か変!!

色々知りたくなるのはしょうがないのかもだけど、
プライバシーって騒いでる最近の風潮にそぐわってないと思うが…どうよ?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。