[直下型地震]中部・近畿で震度6強以上 専門調査会が推計・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[直下型地震]中部・近畿で震度6強以上 専門調査会が推計


 中央防災会議の「東南海、南海地震等に関する専門調査会」(座長、土岐憲三・立命館大教授)は7日、中部・近畿圏で発生が懸念される直下型地震について、震度の推計結果をまとめた。マグニチュード(M)7以上の地震を起こすことが予想される活断層39本などが対象で、広い範囲で震度6強以上の揺れとなる恐れがあることが判明。このうち大きな影響が懸念される13の地震について、調査会は来年度中に被害想定をまとめる。

 

 大阪市内を南北に走る上町断層帯による地震(M7.6)では、大阪平野の大半で震度6強以上、一部で震度7の揺れになるとの結果。滋賀県と京都府にまたがる花折断層帯による地震(M7.4)では、京都市の一部で震度7、大津市などで震度6強以上の揺れが予測される。

 

 推計ではさらに、防災対策に役立てるため、活断層が見つかっていない所でも起こりうるM6.9の地震を全域で想定。こうした地震も含め、各地点で予想される最大の揺れも検討し、中部・近畿圏の平野部は大半の地域で震度6強以上の揺れに襲われる危険性があることが分かった。

 

 また、大阪湾断層帯による地震(M7.5)では、大阪湾岸で最大約5メートル程度の津波が来ることが分かり、「東南海、南海地震を上回る津波に襲われる場所があり、注意が必要」とした。

 

 調査会は、今世紀前半にも予想される東南海、南海地震の発生に向け、中部・近畿圏を含む広い範囲で地震活動が活発化する活動期に入ったと考えられると指摘し、「内陸直下で発生する大規模な地震に備える必要がある」と呼びかけている

大きい地震が来ると言われているのに、その兆候すら見えない中部地方。
来るとすれば超巨大地震だと言われてもいる。
最近、各地でちょくちょく地震が起きているが、やはり中部地方には起きない。
小さい規模の地震でも起きて力が抜けてくれたら少しは安心かも?

スポンサーサイト
Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。