【独女通信】独女はゲイ男性がお好き・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【独女通信】独女はゲイ男性がお好き


 都内にすむ西原博之さんはいわゆるゲイだ。態度や発言が妙に女っぽくなることもあるが、できるだけ男性らしく生活しようと心がけている。親しくなった人には自分がゲイであることを打ち明けることもあるが、相手は慎重に選ぶらしい。「男性は急にカミングアウトすると、妙に意識されたり、敬遠されたりするから、特に注意が必要なのですが。意外と困っちゃうのが女性なんですよ。ゲイだとわかった瞬間に、妙に慣れなれしくなったり、友達に紹介しようとしたりする。新宿2丁目に行こうとか言われたりね。僕は飲み屋さんとか苦手なのに」と苦笑する。

 「ゲイの男性が好きだ」とする女性は多い。「優しい」「面白い」「同性に話せない恋の悩みを相談できる」などを理由にあげる。そしてなんとか「ゲイと友達になりたい」とがんばってしまうのだ。しかしながらゲイの男性の方では、それを必ずしも歓迎できるわけではないかもしれない。

 東京レズビアン&ゲイパレードや東京レインボー祭りの実行委員を務めながら、多くのセクシャルマイノリティに現実的かつユニークなオピニオンを提供している歌川泰司氏に、ゲイの立場から、女性の態度についてどう思うかをインタビューしてみた。

質問:女性がやたらゲイの男性と仲良くなりたがるのはなぜでしょう
人それぞれだとは思いますが、異性愛者の男性とは、性的なものを意識したりされたりがあるので(まったくされないのもビミョーに居心地悪かったりして)、気軽には甘えられない。女性同士だと、あくまでイーブンでいなければならないという暗黙の鉄則があるので、結局甘えられない。ゲイには、なんか甘えられそうな気がする……という心理がベースにあるような気がします。

質問:ゲイの男性の方ではそれをどう思っているのでしょう
これも、人それぞれだと思いますが、甘えたいだけとか、笑わせてもらいたいだけとかで寄ってこられても、うざいと思うゲイが多いと思います。本当に理解し合えて仲良くなれる数人の友人以外は、特に女性の友人を作りたいとは思っていないゲイが大多数なのではないでしょうか。

質問:本当に仲良くなりたいなら、どうすればよいのでしょう
これは、ゲイもノンケもないことですが、人づきあいは「相手の立場に立って考える」ことができなければ、成立しないのではないでしょうか。それがなければ、ゲイ同士であっても「いい友人関係」は築けません。相手の立場に立って考えられる人というのは、言い換えれば精神的に自立した人だと思います。

 相手がゲイであろうが、ノンケであろうが、相手の立場や心を慮らずに友情は成立しない。興味本位でゲイ男性にベタベタするのは、失礼極まりないことだ。
ただ、本物の友好関係を築くゲイの男性にとって、女性の友達は有益であろうとも思うのだ。ゲイ・フォビア(ゲイを嫌う人)は圧倒的に男性に多い。周囲の女性と仲良くなれば、ノンケの男性たちとの人間関係を円滑にする手助けをしてくれるはずなのだ。「男子にカミングアウトする前に、先ずは女子に。それで土台を作って徐々に……って感じでカミングアウトします」と語る男性もいた。

 互いに助け合い、楽しみを分かち合う。そんな関係を自然に築くことができたなら、セクシャルマイノリティに対する偏見を、無くしていくことができるのではないかと思われる。

 「私はどうしてもゲイの男性ばかりに恋をしてしまうんです」という女性もいる。それはまた問題が違うので、別の機会にということで。(オフィスエムツー/真鍋しまこ)

 

この真鍋しまこさんて方の報告みたいですが、最近はゲイの方がメディアのおかげか以前以上に市民権を得てきましたね。
その一方で、トランスジェンダーなんて物もあるようですが…。
人間、皆同じって事でいかかでしょ?w

スポンサーサイト
Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。