[国家公務員ボーナス]昨冬並の平均68万3000円・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[国家公務員ボーナス]昨冬並の平均68万3000円


 国家公務員に8日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。総務省によると、管理職を除く一般行政職(平均年齢34.7歳)への平均支給額は昨冬とほぼ同水準の約68万3000円。人事院勧告に基づき支給総額を据え置いたためで、平均年齢が0.1歳上がった分、0.1%(約1000円)増となった。

 

 主な特別職の支給額は安倍晋三首相と島田仁郎最高裁長官の約582万円が最高で、衆参両院議長の約553万円が続く。閣僚は在職期間に応じ約452万~358万円、事務次官は約340万円、国会議員は約330万円。ただ、安倍内閣では歳出削減の一環として、首相は30%、閣僚は10%の報酬カットを行っており、実際の首相への支給額は約174万円低い。

 

 また、地方公務員の管理職を除く一般行政職(平均年齢36.2歳)への平均支給額もほぼ昨冬並みの約65万2000円となっている。

公務員(国家、地方)の待遇はいいですな!
一般企業でも大手は軒並み安定している様ですし…。
永田町の先生方は…コメントする気にもならんわ!!!

スポンサーサイト
Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。