スポーツ・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も大差!ディープ 有馬新伝説


 英雄がまた、新たな伝説を打ち立てた。06年の中央競馬ラストを飾る「有馬記念・G1」(24日・中山)のファン投票・最終結果が7日、JRAから発表された。ラストランを迎えるディープインパクト(牡4歳、栗東・池江郎)は、11万9940票を獲得して1位。2位(ダイワメジャー)との差が、有馬記念史上最大になる3万5941票をつける、“馬なり”のぶっちぎりで、昨年、25年ぶりに塗り替えた自らの記録をあっさりと更新した。
 記録ずくめだった2年間。最後のレースを前に、ディープインパクトがまた伝説を打ち立てた。1、2位との投票数差は有馬記念史上最大の3万5941票。記録的な数字に、池江郎師も「多くのファンの方にありがとうと言いたいですね。ディープもそれに応える走りをしてくれることと思っています。ありがたいことです。さらに気を引き締めて私もがんばります」と感謝を込める。
 7日のディープは、週末に予定している1週前追い切りへ向けて、軽めの調整。坂路で4F75秒9-54秒4-17秒7と脚慣らしをした後、DWでも軽く流した。ファイティングポーズを見せながらだったが、鞍上の池江助手と呼吸を合わせて軽快に駆けた。
 「坂路でもムキになる面を見せていた昨日とは違って、今日はゆったりと上がってきた。馬場ではファイトを見せたけど、レース後に見せるいつものこと。それも少しずつ治まってきたし、競馬まで引きずることはないからね」と仕上げ人は手綱越しに伝わった感触に納得の表情を見せる。
 デビューしてから丸2年で引退の花道へと立つ。「この2年間、アッという間だった。これからは1日1日をかみしめて調整していきたい。そして最高の状態で出走させたいね。週末からピッチを上げますが、明日がレースでも構わないぐらいの仕上げですよ」と指揮官。だが、気負いはまったく見られない。
 最後の舞台では、JRA・G1最多勝タイの記録もかかっている。ディープは今、JRAのG1を6勝している。上には7勝を挙げた皇帝シンボリルドルフ、賞金王テイエムオペラオーの2頭がいるだけだ。勝てば偉大な両雄に肩を並べる。
 残り2週間とわずか。競馬史上、最も記憶に残る“クリスマスイブ”に向けて、チームディープがこん身の仕上げで挑む。多くのファンが最高のエンディングを期待している。

カテゴリ的には「スポーツ」とさせてもらいますw

えーと、ディープには前回のレースで稼がせてもらいましたww
お小遣い程度ですよ…汗

ゴタゴタがありましたが、やはり強いんですな!!
国内最強馬の誉れは伊達じゃありませ~ん。

そのディープの最終レース、有馬記念…凄い人だろうね?
有終の美を見事に飾っていって欲しいもんだ!

“リアルタイガーマスク”勝村、Dynamite!!参戦決定!


“リアルタイガーマスク”の愛称でZSTを主戦場に活躍する勝村周一朗が、31日(日)京セラドーム大阪で開催される『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』に参戦。ZSTの業師がいよいよ大舞台へ登場する。

8日、都内ホテルで行われた記者会見では、シドニー五輪レスリンググレコローマン69kg級メダリスト・永田克彦との対戦が発表された。

Dynamite!!初参戦となる勝村。会見では「正直、今回オファーを貰って自分自身驚いています。自分に見合う舞台ではないなと思って一度は断わろうかとも思いましたが、自分を応援してくれている子供達がいるので、鎌倉児童ホームの子供達に勇気が与えれるような試合を見せたい」と謙虚に語るも、谷川貞治K-1イベントプロデューサーは「勝村選手はこの一戦を機に、所選手の様なサクセスストーリーが待っていると思います」と期待を寄せた。

勝村は児童養護施設で働く傍ら、プロの格闘家として活躍するところから“リアルタイガーマスク”と呼ばれ、修斗を主戦場に、世界フェザー級10位にまで上り詰めた選手。2004年11月からZSTに参戦し、最近では、2006年5月のZST『GT-F2』で、ジェイソン・ラインハート、所英男を連破し準優勝を遂げている。

会見後、囲み取材に応じた勝村は、さもZST会見の様に盟友・所と絶妙な掛け合いを披露し、集まったマスコミ陣を笑わせてみせた。小さなZSTから、大きな舞台へ。勝村の新たなる闘いに注目が集まる。

本当に居たんだね~、タイガーマスクの話に似た様な感じの選手が…。
あっ 決して孤児って事では無いので念の為w
こういう選手がどんどん出てきて活躍してくれる事を切に願う!!

早大佑ちゃん生中継、異例の民放争奪戦


yuuchan

 早大生の佑ちゃんを生中継! 早実・斎藤佑樹投手(3年)の早大進学で注目される東京6大学野球連盟は5日、数局の打診の中から、日本テレビと来年以降5年以上のリーグ戦放送契約を結んだことを発表した。民放キー局が地上波で6大学野球中継に乗り出すのは26年ぶりで、全国への生中継も可能になった。6大学野球と同局の複数年契約は、立大・長嶋(現巨人終身名誉監督)らが活躍した昭和30年代以来。入学前からミスター待遇だ。
 佑ちゃんの6大学初登板が地上波で生中継される勢いだ。この日、都内で行われた東京6大学野球連盟の常任理事会で、民放のリーグ戦放送権を日本テレビに与えることを決めた。斎藤の早大進学決定後、複数の民放から打診を受けていたが、今年の秋季リーグ戦をインターネット中継した実績のある同局が選ばれた。

今年の高校野球は、実に楽しめたね~。
斎藤投手と駒大苫小牧の田中投手の投げあい…感動でした。

続きを読む

オシム監督、高原を絶賛「FW不足解消されるかも」


 日本代表のオシム監督が4日、高原をエース候補に指名した。アーヘン戦で大活躍した高原について、指揮官は「いい結果が出てよかった。日本のFW不足が解消されるかもしれません」と絶賛した。

 この日、東京・文京区のJFAハウスで行われたスタッフ会議では、来年3月にオシム監督が高原を“生視察”するプランが検討された。「07年初戦の韓国戦(3月24日)にはベストメンバーで臨む。選考のために監督が欧州へ行くこともあります」と関係者は明かした。高原をはじめ、MF中村俊輔(セルティック)らを指揮官が自らチェックすることになりそうだ。

 「私はいつも悲観的です。ゴールをしていない時、試合に出ていない時の高原が気になります」独特の言い回しでエース候補に対する期待の大きさを表現した。

サッカーを良く知らない僕でも、ハットトリックという言葉ぐらいは知ってますw
今、海外の日本人サッカー選手で活躍できているのって中村選手と高原選手ぐらいですかね?
オシム監督が目をつけた高原選手…活躍できるといいですね。

<アジア大会>韓国サッカー 「兵役免除」考慮し全員起用


 【ドーハ澤田克己】86年ソウル大会以来、20年ぶりの男子サッカー優勝を狙う韓国が「代表選手全員を出場させる」という国際大会では異例といえる方針で選手を起用している。優勝時の兵役免除対象者が「1分でもいいから出場した選手」となっているためだ。

 

 韓国の兵役法は、五輪などの国際大会で活躍した選手に兵役免除の特例を与えている。競技生活のブランクを避けたい選手たちには何よりのプレゼントだ。アジア大会の場合は金メダルが条件となっている。

 

 ただ、サッカーのような団体競技の場合、実際には試合に出場しなかった代表選手が問題となる。韓国紙・スポーツ朝鮮(電子版)によると、韓国サッカー協会は「代表入りだけで対象になる」と理解していたが、兵務庁から「出場しなければダメ」と言われてしまったのだという。

 

 オランダ人のピム・ファーベーク監督も、洪明甫(ホン・ミョンボ)コーチの進言を受けて、韓国の特殊事情に配慮。2日までに行われた格下のバングラデシュ、ベトナム相手の試合に代表20選手中19人を出場させた。韓国人記者は「残っている金東※(キム・ドンヒョン※=「さんずい」に「玄」)は主力級で、どちらにしても出場が確実だから、もう全員を出場させたも同然だ」と話す。

 

 韓国は5日、2次リーグB組最終戦でバーレーンと対戦する。ピム監督は「バーレーンはB組でもっとも手ごわい相手。これからは全試合が決勝のようなものだ」と語り、優勝へ向けてベストメンバーを組んでいく考えだという。

スポーツと兵役…結構、免除の条件としている国って多いのかなぁ~?
どちらも、若い時が大事な時であるだけに、必死にもなりますな。

記事引用:毎日新聞http://topics.sports.livedoor.com/article/detail-3726453.html

Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。