その他・今日起きたあらゆる事象、政治・経済・社会・芸能等 の中でちょっと気になった話題を取り上げてみるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長居したいお店って? 〜サイト滞在時間と購買行動〜


先日、仕事から帰ってテレビの経済ニュースを観ていたら、興味深い特集が放送されていた。郊外型の巨大ショッピングモールの中心にゲームコーナーを設置したことで、来店者の滞在時間が長くなり、結果的に顧客一人あたりの売上単価の増加に成功した、という。

さらに、書籍の他に CD や DVD、雑貨や玩具などを扱う「遊べる本屋」を標榜する書店をテナントに加えたショッピングモールが、来店者の滞在時間を長期化させ、モール全体の売上向上につなげた、という事例も紹介されていた。

一見すると、滞在時間と売上単価は関連性がないように思えるが、先のとおりに、実際にはそれぞれに大きな因果関係があるようだ。こうしたリアルの世界でのマーケティングは、当然ネットの世界でも、とりわけネット通販においても応用が効くだろう。

検索ポータル「Yahoo! JAPAN」内にある「トップメッセージ」では、ヤフー株式会社 井上雅博社長が国内最大のオークションサイト「Yahoo!オークション」について、次のようにコメントしている。

「Yahoo!オークションは、2006年3月期第4四半期の一日平均取扱高が19.1億円、2006年3月末時点のストア数が6,878店となっており、他の追随を許さない国内最大のオークションサイトとして、圧倒的な参加者数による豊富な商品が利用者の滞在時間を増やし、取扱高を増やすという好循環を生んでいます」

しかし、一般的な EC サイトのオーナーや企業の Web 担当者には、まだこの発想が浸透していないのではないかと感じる。なぜなら、アクセス解析の重点を、“目に見える成果”に置きがちだからだ。すなわち購入数、来訪者あたりの購入率、顧客獲得単価が重視される傾向がある。来訪者の滞在時間を指標にサイト改善を行う必要性は、まだ認められてはいないような気がする。

そこで今回は、来訪者のサイト滞在時間を指標として改善策を考えてみたい。サイト滞在時間を増やすためには、3通りの方法が考えられるのではないか。ひとつは、扱う商材のジャンルや商品数を増やすこと。もうひとつはミニゲームや動画など、エンターテインメント性の高いコンテンツをサイト内で展開すること。さらに、商材に関してできるだけ多くの情報を提供することだ。

だが、商品点数の増加はサイト改善だけにとどまらず、在庫スペースや仕入れの問題も発生するため、簡単とはいえない。また、エンターテインメント性の高いコンテンツは、EC サイトよりもメーカー系サイトで積極的に採用されている。そのためブランディングには効果的かもしれないが、直接商品購入に結びつく可能性は低いかもしれない。また、ミニゲームや動画となれば、制作するのにそれなりの費用もかかる。

自分がお店に行く時って、基本的には欲しい物が決まっている時しか行かないから
滞在時間て短いな…。
でも、ほぼ確実に購入はしているから購買活動という点では貢献していると言えるかもw
買いもしない客にいつまでもダラダラいて欲しくないってのが大半のオーナーさんだよね?

続きを読む

ホンダの二足歩行ロボット 「頭から落下」、会場が凍りついた瞬間


   「ユーチューブ」などの動画共有サイトにアップロードされた「面白動画」が話題を呼んでいるが、今度は、二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」の思わぬ失敗の様子がアップロードされ、ネット上で注目を集めている。

   「思わぬ失敗」をしてしまったのは、本田技研工業が開発した人間型二足歩行ロボット、ASIMOだ。00年に初めて発表されたASIMOは、02年には、ロボットとしては初めてニューヨーク証券取引所(NYSE)の取引開始のベルを鳴らす様子が広く紹介され、世界中で有名になった。さらに、04年末には歩くだけではなく走れるようになったり、05年末には飲み物を載せたトレーを運んだりできるようになるなど、着実に「成長」を続けてきた。

パフォーマンスを階段で披露しようとしたのだが

   そんな中、動画共有サイト「グーグルビデオ」にアップロードされたASIMOの動画に、注目が集まっている。12月8日にアップロードされた1分35秒の動画で、「ASIMOがとんでもないことにwww」というタイトルがついている。閲覧数は12月13日17時現在で、約31万7,000だ。

   この動画では、どこかのステージでASIMOがパフォーマンスを披露する様子が映っている。司会者がASIMOの説明をしている間、ASIMOは、ステージ中央から、ステージの奧にある階段に向けて歩き出す。歩いている間、こんな解説が続く。

「実は人間は、さまざまなバランスを足で取って歩いているのです。だから、ロボットにとっては、とても難しいことなのです。その2本の足で歩く、ということを、世界で初めて実現したロボット。それは、ASIMOなのです」

   そして、ASIMO自身も

「今、わたしは、足の裏のセンサーで階段を確認し、細かくバランスを…」

   と話しながら、階段を上り始める。そして、4歩目を踏み出そうとした時に、右ひざがガクンと曲がってバランスを崩す。ASIMOはそのまま頭から地上に転落し、「ガチャーン」という乾いた音が会場中に響き渡る。客席からは「ああーっ!」という驚きの声。それでもASIMOが「みなさん、気づいていないでしょうけど…」と、なにやら説明を続けているのが痛々しい。

「ステージを中止とさせていただきます」のアナウンス

   間髪入れずに照明が暗くなり、スタッフが、ついたてを持ってきて、倒れたASIMOを隠す。そして、場内にはこんなアナウンスが流れるのだ。

「ご見学中のお客様に申し上げます。ただいま、ロボットが転倒したため、ステージを中止とさせていただきます」

   この対応の素早さに、ネット上では「こういう事故は、実はよく起こっているのではないか」という声もささやかれる。J-CASTニュースでは、ホンダ広報部に聞いてみた。

「その(動画の)件については、ちょっと承知していません。細かいトラブルぐらいは起こるかも知れませんが、通常はスペアを用意してあって、1台で(イベントに)臨むことはありませんので、基本的には中止、ということはありません」

   とのことで、今回の動画のような事故については、想定外、という認識のようだ。
   映像の痛々しさに、「2ちゃんねる」のニュース速報板では、こんな声が飛び交っている。

「このこけ方は人間でも痛い」
「会場にいた子ども達の夢を見事に打ち砕いたASIMO」
「こけながらも冷静にしゃべるASIMOの姿に泣いた」
「やっぱ人型のものがバタッと倒れたりすると何か凄く嫌な気持ちになるな」

   やはり、子ども達も2ちゃんねらーも、「元気に歩くASIMOが見たい」という点では変わらないのかも知れない。

まぁ…なんと言いましょうか…ねぇ~w
こういう事だってあるさ!!w

てか、よくこんな動画撮ってたな!そっちのが凄いかと思うが…。
すぐさま、アップされてる事も驚きだし…。
今の世の中って怖~い!!!

ASIMOはこれからいくらでも改良されてパワーアップされて戻ってくるから
長い目で見守ろうな?

“たらこ”の次は“おでん”だ!おでんくんが歌手デビュー


“たらこ”の次は“おでん”だ!おでんくんが歌手デビュー

巷で人気のキャラクターもち巾着の“おでんくん”。今をときめくリリー・フランキーによるこの“おでんくん”に、小さなお子様はもちろん、とっくに成人を迎えちゃった大人までが夢中になっている。

そんなみんなの人気者“おでんくん”が、12月20日に「テキワナタイン~おでんくんテーマ曲~」でメジャー・デビューを果たす! ついに音楽活動のスタートだ! “たらこ”の次は“おでん”が来るか!?

このテーマ曲はリリー・フランキー自らが作詞作曲を手がけたハートウォーミングなテーマ曲で、ヴォーカルはアニメ『おでんくん』で声優としても活躍中のエナポゥ(ex.ロリータ18号、現PONI-CAMP:G/Vo)が担当している。

さらに、初回限定生産盤にはKABA.ちゃん振付による“テキナワ体操”を収録したDVDも付いてくるぞ! 子供のいる人は子供と一緒に、または忘年会、新年会では酔っ払った大人と一緒に踊っちゃおう!

今、食品キャラが熱い!!!w

なんだかな~…「二番煎じ」がどこまで通用するのやら見ては見たいかもね?

問い合わせ殺到!SBのキャメロンCMソングの正体は?


問い合わせ殺到!SBのキャメロンCMソングの正体は?

キャメロン・ディアスが日本のお茶の間に登場して話題になったCMと言えば、ソフトバンク モバイルの新CM。そんなCMのバックで流れている曲が話題となり、今問い合わせが殺到している。

エアロスミスの名曲「ウォーク・ディス・ウェイ」をBGMに、颯爽と街中を歩くキャメロンの姿は強烈なインパクトを与えたが、話題となっているのはキャメロンのCMの第2弾。このCMは私服のキャメロンが楽しそうにキャッキャと話しながら道を歩いていくというもので、そのBGMとして流れているのが名曲「コパカバーナ」だ。

カフェやバー、またはクラブでかかっていそうなこの曲を歌っているのは、アメリカのポピュラー音楽を代表するスーパースターのバリー・マニロウで、1978年の大ヒット曲だ。聴く人によっては懐かしの1曲だが、その当時はまだ物心もついていない、または生まれてさえいない人にとってはパンチのある1曲となり、話題となったわけだ。気になっていた人は今すぐチェック!

ソフトバンクのCMには確かに驚いたね。
海外の有名大物女優だの俳優だのを起用しちゃって…。
目先をそちらに向ける作戦なのかどうかは知らんけどさw
もっと、ユーザーに分りやすく納得のいくサービスの提供をする方が大事ではないのかな?

クリスマスも自分らしく勝負! ~クリスマスデート、男の心構え~


早くも12月突入。となれば、ラブラブの恋人や、そこへステップアップ中の人達にとり、切っても切れないイベントが「ザ・クリスマス」ですね(笑)。 悲喜こもごもなこのイベントに際しても、モテ君はこんなところがモテ要素ってのが、実はあるんです。

例えば

【身のほど知らずな無理をしない】
婚約指輪でもあるまいに、月給をつぎ込んだような高価なプレゼントを用意しちゃったり、普段はまったく足を踏み入れたこともないような高級なレストランをリザーブしちゃったり…モテ君は決して、こんな身のほど知らずな無理はしません。
あくまで自分ができる範囲で“ほんのちょっとだけ頑張ってみる”これがモテ君です。

【デートコースは、流行りや周囲に振り回されない】
彼女がどうしてもと望んだのでもない限り、「流行ってるから」「○○さんも行ってるから」なんて理由で、
当日の行き先や行動を選んだりはしません。
例えば行きつけの家庭的なレストランを選ぶことで、かえって暖かいサービスを受けたり、近くの穴場の丘に行きぼ~っと一緒に夜景を眺めることで2人の距離を縮めたり…。
自分と彼女にとって、どうしたら本当に楽しいイベントにできるか考えセレクトできる、それがモテ君です。
 
【彼女の都合をきちんと思いやれる】
いくら“24日がイブ、25日がクリスマス”だからって、仕事や体調や、大人には色々都合もあるワケです。両想いでもそうなんですから、ましてやまだステディな関係でもなければ、そうそう24日ジャストには彼女が時間を作れないことだってあるもの。クリスチャンでもなければ、大抵は“イベント”として楽しむためのモノ。
ですから、ナニがナンでも当日にこだわったりせず、彼女の都合を思いやってあげられる。だからこそモテ君です。《 ありー 》

この続きは「クリスマスも自分らしく勝負!」(リアルモテ君の要素)で。

もうそんな時期なんですね。
でも、毎年僕には一切関係ありませんが…何か?w

世の男性陣はこの時とばかりに気合を入れておりますな!結構、結構。
しかし、今日日の男は女に媚びる為に尻尾を振って喜んどるになっておる様な気がするが…どうかな?
折角迎える「聖なる日」を厳かに過ごして欲しいもんだね…。

Copyright © 気になる事チェッ~ク!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。